「1ヶ月間の真学校2016」開講まで、いよいよあと1ヶ月!!

みなさんこんにちは!
「1ヶ月間の真学校」事務局のともこです。

さ〜〜今年もやってまいりました!
1ヶ月間の真学校2016!!

自分を変え、世界を変えて時代の大転換を巻き起こす前人未到のプログラムの開講まで、いよいよあと1ヶ月と迫りました。みなさま、心の準備はよろしいでしょうか!?

昨年も数々のドラマがあった真学校ですが、今年は海外からの参加も決まり、なんと日英2か国語で講座を行うこととなりました!

トーマスとテイア
真学校への参加を決めたトーマスとテイア

トーマスとテイアは、現在アメリカの大学院でトランスパーソナル心理学を研究し、今後インドネシアのバリでコミュニティを立ち上げることを予定しています。昨年11月に木の花ファミリーにて開催された第9回大人サミットに参加した二人は、もっと学びを深めたい、と真学校へ参加することを決めました。

真学校にはこれまでにも海外からの参加がありましたが、日本語のわかる方であったため、講座は日本語で行われていました。しかし今や、宇宙の真理は国境を越えてぐんぐん広まっていく時代。というわけで今年の真学校は2か国語での提供となり、トーマスとテイアの他にも海外から参加を検討したいという声が届いています。さてさて、いったいどんな1ヶ月となることか!?

そんな中、昨年度卒業生のあわちゃんが、
真学校のスライドショーを制作してくれました!!

1ヶ月間の真学校では、ただ今さらなる参加お申込みを受け付けています。
自分を変え、世界を変える1ヶ月間の旅へ、
みなさまのご参加をお待ちしています!!

 

2016年度開催概要のページ

 


木の花ファミリーの問題点

真学校もいよいよクライマックスとなる26日目、午前中に「心の振り返り」の時間がありました。

IMG_8479

受講生たちは、一人ひとりがそれぞれの目的を持ってこの真学校に参加しました。
1ヶ月を経て、その目的の達成度はどうだったか。
自分が思い描いていた目的の枠を超える世界に出会った人から、今ようやくスタートラインに立ちましたという人まで様々ですが、その詳しい報告は改めてするとして、今日はぶんちゃんのコメントをご紹介しましょう。

ぶんちゃんは、ここに来た大切な目的の一つを達成できなかったと言います。
そして「それは木の花ファミリーの問題です」と。

 

「ごはんがおいしすぎます。
 ダイエットできませんでした。」

150217-123042
 
受講前、ぶんちゃんは「菜食の木の花に行ったらきっとやせられる♪」と思っていたそうです。ところがどっこい、おいしくて食べちゃう、食べちゃう。
そう、これは木の花ファミリーのワナなのです。

開校に合わせて、キッチンの壁に貼り出されたメニューリスト。
IMG_8479
出した料理から消していき、期間中に同じ料理は二度と出さないというキッチンスタッフの意気込みが伝わってきます。
 
毎日ぶっ飛びの宇宙視点講座で頭がパンパンになって帰って来ると、ひまわりのホールからおいし~い香りが漂ってきて身も心もほぐしてくれるのでした。

こちらは桜おこわ。春の香り。
150302-120000

納豆は保存食作りの講座にも登場。
納豆がキライだったはずのきたじゅんも「ここの納豆なら食べられる!」と苦手を克服。
140827-124907

期間中に誕生日を迎えたいぶちゃんや息子の太郎くんには、お誕生日プレートを用意!
こちらは太郎くんリクエストのオムライス♪ 特大です。
IMG_6713

食事会イベント「恵みいただきます」で食べた創作韓国料理。
150228-150714

「防災の日」には、ほっかほっかの釜戸炊きごはんも体験。
IMG_6571

お餅つき大会もやりました。
IMG_7504

IMG_7487

みんな幸せそう。。
IMG_7440
 
 

これじゃあ痩せられないよね(笑)。
 
 

ぶんちゃんは、毎日食事の写真を台湾の友人たちに送っていたら反響がすごかったそうです。そのかいあってか、台湾からツアーを組んで木の花を訪れる企画が現在着々と進んでいます。
あ、いえ、目的はあくまでも食事ではなく“心の学び”ですが。いついかなる時でも、木の花ではおいしいごはんで皆さまをお迎えします。

 

以上、木の花ファミリーの問題点でした!

 

※注
おいしさゆえについついたくさん食べちゃう木の花ごはんですが、ある程度の期間滞在すると、健康的に痩せていく人が多いです。^^
 


「ママ、なんで顔変わったの?」

昨日、27歳のお誕生日を迎えたいぶちゃん。

みんなに囲まれて「おめでと~!!」
みんなに囲まれて「おめでと~!!」

いぶちゃんは、小学1年生の太郎くんと4歳のいろはちゃんの2人の子どもを連れて、はるばる宮崎からやって来ました。

真学校に参加した理由を尋ねると、「子育てに行き詰まっていたから」といぶちゃん。
「ずっと自分の中によくわからない怒りがあって、でも自分ではどうすることもできなかった。いろんな子育ての本を読んだりセミナーを受けたりしたけど、変われなかった。」
そんな時に、インターネットで木の花ファミリーを見つけました。
「最初は何かの宗教かと思った(笑)。真学校も、最初は農業の講座なのかと思ったらどうやら心のことを学ぶみたいで、自分は今まで何をやっても変われなかったからきっとこれもダメだろうなと思ったの。だけど、ここの暮らしに興味があった。それで、行ってみよう!と思ったんだ。」
いぶちゃんは、ずっと昔から「みんなで暮らしたい」と思っていたと言います。
「だってその方が楽しいし、助け合えるから。」

実際に来てみての感想は ―――
「来てすぐに子どもたちが叱られているのを見て、始めは戸惑ったよ。今までは近所付き合いもなかったから、子どもが私以外の人から怒られるのを見たことがなかった。」
けれども子どもたちはあっという間にみんなの中へ溶け込んでいき、それを見て少し淋しくも感じていたいぶちゃんですが、今は学ぶことに集中できて、とにかく「毎日が楽しい」と言います。

そんないぶちゃんの誕生日の前日のこと。
インフルエンザでしばらく寝込んでいた太郎くんが、いぶちゃんの顔を見てこう言いました。

「ママ、なんで顔変わったの?」

受講生同士の座談会で、自分の過去の体験を話し涙するいぶちゃん
受講生同士の座談会で、自分の過去の体験を話し涙するいぶちゃん

その日の日記に、いぶちゃんはこう綴っています。
「朝、子どもに『ママ、なんで顔変わったの?』と言われた。他のメンバーにも、顔がやわらかくなったと言われた。人に気付かれるくらい変わったのかと、またまたびっくり。
そして、冷え症が少し改善されている。最初は、顔が変わることも、冷え症が心の冷えと関連していることも信じられなかったが、最近みんなの表情もやわらかくなっているし、私もそれを体感し、やっぱりすべて心からなんだと思った。」

大人ミーティングで日記をシェア
大人ミーティングで日記をシェア

真学校の中で、受講生たちは、本当の自分に出会う1ヶ月間の旅をします。
日記に日々の正直な想いを綴り、座談会や毎晩の大人ミーティングで率直に語り合い、心の壁を取り払うべくハグにも挑戦!次々とハグし合っている受講生たちの表情は、本当にやわらかく、生き生きとしていました。

が。

講座終了後のハグ
講座終了後のハグ

ハグをして盛り上がって、いっとき心が解放されたようになるセミナーは、きっと世の中にたくさんあります。けれども、セミナーが終わって家に帰れば、そこにはまた、これまでと同じ日常が待っています。
1ヶ月間の真学校では、一過性の体験で終わらない、「本物の変化」を目指しています。それは、ただ盛り上がっている時だけではなく、落ち込んでいる時も、迷いの中にいる時も、いつでも自分の心を正直に出し、それを様々な角度から客観的に捉える視点を育てることで、この宇宙の中で自分という存在とはいったい何であるかを知っていく「真理への旅」です。

地球は秒速30㎞で宇宙空間を移動し続け、常に変化・変容していくのがこの世界。今日晴れた表情は、もしかしたら明日には曇っているかもしれない。けれどもそれら全てが自分をひも解く材料であり、そこから学ぶことで人は変化し、その一人の変化が確実に世界を変えていく。そんなエキサイティングな日々を過ごしている、14人の受講生たち!

DSC00098

IMG_6286

IMG_6067 (2)

IMG_6069

1ヶ月間の真学校も3分の1が経過。
いさどんは、
「ここまでみんな順調に歩んできましたね。でも僕はこのままみんなに同じように歩み続けさせるのではなく、その歩みをどこかで“プツッ”と、切ってしまおうかと考えています。そうやって景色がひっくり返ることで、新たに観えてくるものがあるからです」
と、ニヤリ。

さあ!ここからどんな学びが展開されていくのでしょうか。
皆さま、どうぞご一緒にお楽しみください!(^_^)ノ

 

■    ■    ■    ■    ■  お ま け  ■    ■    ■    ■    ■

いぶちゃんのお祝いのお誕生日プレートを作ったのは、みこ、きよ、ひみ、ゆりかの4人。
いぶちゃんのリクエストにより、納豆プレートとなりました♪

DSC_0011

DSC_0044

お誕生日、おめでとう♪

 


今年も活性液大爆発

3日前の農業講座で、木の花菌を元に作った活性液。

できあがった活性液を手にする受講生たち
できあがった活性液を手にする受講生たち

農業からお掃除まで、微生物くんたちの力で何でもござれのこの活性液、発酵するためには温度が必要だということで、昨年のEDEの講座では受講生が抱いて眠ったら、発酵しすぎて夜中に大爆発したのでした。

昨年の爆発現場
昨年の爆発現場

そんなわけで今年は安全対策に万全を期して、ペットボトルも大きく頑丈なものにして、発酵場所もお風呂場にしていたのですが ――――

今年もやっぱり大爆発

今年の爆発現場
今年の爆発現場 - お湯が茶色に・・・

爆発したのは、ぶんちゃん、わたるくんペア製作の活性液です。

DSC_0008

去年に続き2度目の爆発。普段はまったくそんなことないのに、やはり真学校のエネルギーで微生物くんたちも活発になっているのでしょうか。

担当講師のきょうこちゃんにコメントを求めたところ、一言。
「どうもコメントなちゃい。」

IMG_7047
担当講師のきょうこちゃん

昨年の爆発を体験した受講生で現メンバーのかまちゃんは、
「もうペットボトルはやめた方がいいですね。」

昨年の爆発現場でのかまちゃん
昨年の爆発現場でのかまちゃん

ちなみに、本日の風呂掃除の汚れ落ちは大変よかったです。

風呂掃除担当のさっちゃん
風呂掃除担当のさっちゃん

今回の活性液の製作者の一人であるぶんちゃんは、台湾からの参加。
「私はエネルギーがあり過ぎるから、陰性の強いわたるくんにお世話を任せてたの。だけどやっぱり、台湾人は熱があり過ぎるわね!」と笑ってました。

 

マイナスイオン担当のわたるくん
マイナスイオン担当のわたるくん

※「陰性」の意味を知りたい方は、木の花塾「宇宙おじさんの人生講座」または来年の「1ヶ月間の真学校」を受講してね♪

なんにせよ、この場全体のエネルギーが高まっていることは事実です。
1ヶ月間の真学校は、まだまだ続きます!

爆発予備軍の活性液たち♪
爆発予備軍の活性液たち♪