IMG_5510

波動が高いということは、壊れるということ

1ヶ月間の真学校も、いよいよ大詰め。全4回にわたって行われた『性と宇宙』の講座の中で、こんなお話がありました。

『性と宇宙』の講座を行ういさどんとみかちゃん
『性と宇宙』の講座を行ういさどんとみかちゃん

いさどん:
天然循環と自然循環の違いについてお話しします。

スライド13

私たちは、形ある世界、即ち「見える世界」に存在しています。この「見える世界」は、「見えない世界」の心や思いによって、現象化されています。「見える世界」を陽とすると、「見えない世界」は陰になります。そしてこの「見える世界」と「見えない世界」を合わせた、形をつくる世界を「ある世界」と言います。

この宇宙は、どんなものでも必ず対向発生をしています。つまり、逆の性質を持つもの同士が向き合うことで、成り立っているのです。そうすると、「ある世界」があるとしたならば、それに対して「ない世界」があるはずです。しかし、これまで私たち人類は、「ある世界」だけを解釈し、探求してきました。近代の文明では、この「ある世界」の奥にある「ない世界」というものは、一切表現されてきませんでした。特に現代は、科学的思考が世の中の主流となっていますが、物理・化学の世界では、形のある「見える世界」こそが重要とされています。それは私たちに優れた近代文明をもたらしましたが、深さとしては浅いものでした。

そして今、私たちはカタカムナ宇宙物理学に出会い、「見える世界」と「見えない世界」を合わせた「ある世界」の奥に、「ない世界」があるということが解明されてきました。おもしろいですね。「ない世界」が「ある」のです。ないものがあるというのですから、難しいですね。
これは、インドで0が発明された時と同じようなものでしょう。0は「ない」のですが、0が「ある」ことによって、他の数字があり、世界が広がっていくのです。

カタカムナでは、「ある世界」を現象界、「ない世界」を潜象界(せんしょうかい)と言います。「ない世界」は、「カムの世界」とも言います。カムの世界は、響きだけの世界です。響きとは、音のふるさとです。そこには音も存在せず、音の元となる響きだけがあります。それを簡単に言いますと、この世界の一番奥にある「神様の心だけの世界」です。
潜象界には、一切の濁りも歪みもなく、すべてがピタリとかみ合っています。ですから、現象も起きません。そこからアマ界を通って現象界へと現れる時に、歪みが発生します。この歪みによって、現象が生まれるのです。
潜象界から現れたばかりの歪みは、自然の美しい歪みのネットワークです。ところが、自然の美しい歪みである「見えない世界」から「見える世界」へやって来ると、人間の欲や思惑による人工の歪みが加わり、どんどん歪みが大きくなります。その結果が、現代社会の現状になります。

こちらのスライドを読んでください。

スライド18

私たちは、物理、化学の世界を発展させ、様々な矛盾を地球上にもたらしました。自然にはない矛盾を、自然世界にもたらしたのです。そしてその矛盾は、今や自然世界の中だけでは解消できないものとなっています。
海の水に入り込んだ重金属やマイクロプラスチックは、もはや回収不能といわれています。原発から生まれる放射性物質も、人間の力で解消することはできません。この問題を解決するには、今起きている矛盾を、すべての現象のふるさとである「ない世界」へと還すことが必要なのです。それによって歪みが解かれ、元の正常な響きへと戻り、また次の現象化のための正常な原料となることができるのです。
現代の地球の矛盾は、人間の誕生によってもたらされたものです。ですから、この矛盾を解消するためには、人間たちがこの矛盾の仕組みを理解し、「ない世界」へと送りかえす、そのための学びが必要です。人間が「ない世界」の存在を理解して生きれば、人間がつくった矛盾は、元の世界へと還っていきます。その仕組みのことを、天然循環と言います。

そして、宇宙の創造、発展、消滅の仕組みを理解したものを、「ヒト」と言います。ヒフミヨイムナヤコトと進むこの世界の数理の仕組みの「ヒ」から「ト」までを理解した者ということです。ヒトという、宇宙の構造を理解した者は、高次の意識を持っています。その優れた精神は、この世界に、潜象界の美しい響きをもたらします。この世界全体の構造を理解し、潜象界にまで意識が届くことで、地上の矛盾を潜象界へと送り還し、歪みや濁りのない、元の美しい響きへと還すことができるのです。そしてその潜象界の高い生命エネルギーを、現象界へと引き出す存在ともなるのです。

マイクロプラスチックや、放射性物質などの矛盾は、もはや人間の力では解消できません。これを解消するには、その仕組みを理解し、人々の波動が高くなる必要があります。いいですか。波動が低いということは、壊れないということです。波動が高いということは、壊れるということです。
波動が高くなると、質的転換が起こります。もち米を蒸して突くと、圧力が高まって波動が高くなりますね。波動が高くなったものは、私たちが食べると質的転換を起こし、エネルギーになります。波動が低いものは質的転換が起こりにくいですから、いつまでもその形が残ったままになるのです。
宇宙は、常に変化することで成り立っています。波動が高いところでどんどんどんどん変化すること ─── それが活性化です。人間が自我を持ち、欲を持つと、変化しないことを求めるようになります。何かに囚われ、現状を守ろうとするのです。しかしその自我の欲が満たされても、人間は成長しません。むしろ、その欲に支配されて、不自由に生きることになるのです。
けれども、人間が自らを手放し、自分から解放することにより、自我の枠から離れることができます。この、自分自身を手放すことを、シヴァのはたらきと言います。シヴァとは、破壊の神の物理性です。宇宙は、この世界をどんどん変化させていきます。それは、無限の宇宙の中で、トキ軸を柱にし、常に先へ先へと、未知なるところに向かって旅し続けているということです。それが生命の宿命であり、宇宙を生きる上で正常な状態なのです。その中で、私たち人間も、自らの価値観を絶対とするのではなく、宇宙が変化していく流れをいただいていく。「いただく」ということは、古いものを捨てるということです。

宇宙を生きるとは、どういうことでしょうか。それは、自分を手放すということです。ところが、現状に執着する人にとっては、それは苦痛となります。そして宇宙の流れに逆らってでも、現状を保とうとするのです。そうすると、宇宙はその人に問題ごとを与えます。それは宇宙の法則からのメッセージです。そしてそれが、神様が私たちに与えてくれている、愛です。あなたを捨てなさい。そして私と共にありなさい ──────

この愛は、いじわるをしているみたいですね(笑)。けれどもこの愛は、宇宙を生きるのに最もふさわしい生き方を教えてくれています。私たちの自我による愛は、この世界に矛盾をつくる愛です。今、そういったことを理解した人間たちが、これからの地球上に生きていくことが求められています。それが、この宇宙の物理性を正しく現実化することになるからです。
そのことを理解した者たちは、今の地球上の矛盾を、どんどん潜象界へと送りかえします。そうすると潜象界は、その矛盾を、まったく汚れのない、宇宙の最極小微粒子である「カ」という最も小さい単位にして、再び現象界へと送りかえすのです。この形ある「カタ」の世界(現象界)と、神の心である「カム」の世界(潜象界)を、行ったり来たりしながら質的転換「ナ」を繰り返す宇宙の仕組みが、「カタカムナ」です。そしてその推進力になれるのが、「ヒト」です。それはこの潜象物理を理解した者だから、できるのです。

みかこ:
ちょっと横道にそれますね。波動が高いものは壊れる、波動の低いものは壊れないという話から、閃きました。

IMG_9138

食の講座の中でお話ししたように、細胞の中には、酵素が入っています。酵素というのは、あらゆる生命活動の変化を促す、大切な存在です。ところがこの酵素は、細胞膜の中に入っていると働けません。食べ物に含まれる酵素が働けるようにするには、細胞膜を破らなければいけないのです。
ですから、細胞膜を破るために、その食べ物をすりおろしたりします。そうすると、中から酵素が出てきて、より働けるようになります。

daikonorosisai1

私たち一人ひとりは、地球の細胞だと言いますね。そうすると、酵素にとっての細胞膜は、私たち人間でいうと、自我の枠です。この枠の中にいると、宇宙の法が入りません。
よくいさどんが、一人の人を解明していく時に「三枚おろしにする」と言います。その人の心をバラバラにして解明するということです。そうやって、自分が何者かを知り、自分というものを手放して、この世界に心を開けば、自動的に宇宙の法が入ってきます。

いさどん:
女性の体の中でできる卵子も同じですね。精子が来て、膜を破って中に入り、命になります。

みかこ:
それが交わるということの結果ですね。

いさどん:
ですから、この酵素の図は、精子と卵子の出会いであるとも言えますし、男性器が女性器に入って命を生む子宮だとも言えます。

IMG_9142

みかこ:
「囚われ」という字と「閃き」という字は、どちらも中に「人」が入っています。

  囚  閃

人が枠の中にいれば「囚われ」ですが、その枠が壊れると門となり、宇宙の法が上から降りても来れば、下からも湧いてくるようになります。下から湧くということは、自らの中から湧き出すということです。
自我の枠が壊れれば、細胞膜が破れて、酵素が生命のために働き出すのと同じように、人間が法と共に、この世界のために働くようになります。1ヶ月間の真学校でやっていることは、そういう人になっていくことです。

いさどん:
現代の社会にある矛盾は、もともと自然界にはなかったものが、人間の自我を優先する営みによってもたらされたものであるとすると、それを元の正常な状態に還すのも、人間に求められている、もしくは、託されていることなのです。しかしながら、現代の人間たちは、そのような物理性の理解ができていません。そこで、古代の叡智カタカムナの宇宙物理の智恵を人々が会得し、古代の人々が自然や天体と共に生きていたように、高次の意識に立ち返ることにより、その矛盾をこの世界の大本に還し、濁り、歪みのない新たな美しいエネルギーとして、また現象界に迎えるということが可能となるのです。
これは、物質至上主義で、二元の思考を持つ人間たちには理解できないものですが、20世紀を越え、30世紀に向け、新たな進化の道が開かれた今、これからの時代を生きる人々にもたらされる目覚めの叡智なのです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です