IMG_5821

知識として学習しても 人間性は変わらない

2月25日の開講から、間もなく2週間。真学校前半最終日の今日は、講座開始前にある出来事がありました。

今年の真学校は、受講生からも積極的な発言があり、講座中はとても賑やかです。でも、発言しているのはほとんど、前の方に座っている受講生だけ。いつの間にか受講生の席も固定化されて、毎日同じ席に同じ人が座るようになり、発言もほとんど同じ人たちがするようになっていました。
そして今朝、いつも後ろの方に座っていたジョイが、最前列の端の席に座りました。すると後からやって来たかくちゃんが、そこはいつも自分が座っている席だからどいてほしい、と言ったのです。かくちゃんが「私は目が悪いので、一番前の席でないとスクリーンが見えない」と言うので、他の人が「では、一番前の他の席に座ったらどう?」と言うと、「他の席だとホワイトボードから遠くなってホワイトボードが見えなくなるから、この端の席でないとダメ」とかくちゃん。
そのやり取りを聞いていたいさどんは、「あのね、肉体の目が見えなければ、心の目で見ることもできるんだよ」と伝えましたが、かくちゃんは頑として譲りません。結局ジョイは、最前列の他の席に座ることになりました。

そして講座開始の時間になり、いさどんが話し始めました。

今日初めて、一番前の席に座ったジョイ(右)
今日初めて、一番前の席に座ったジョイ(右)

 
いさどん:
僕は昨日、ジョイさんと面談をしました。そして彼に、ある提案をしました。

あなたは、自分の殻を破らないから、道が開かれません。これからも、あなたは人生の中でたくさんの課題に出会うことでしょう。それはあなたの人生ですから、あなた自身が乗り越えていくものです。今までの人生で道が開かれなかったとしたら、それを切り開いていく力を身に付けなければなりません。
しかし、今のあなたの姿勢のままで生きていくとしたら、これからも人生の道は開かれないでしょう。今、自分の中に在るものを外に出さなければ、新しいものは入って来ないのです。

多くの人々は、何か新しいものを知識として勉強し、それを覚えれば、自分の人間性が変わると思っています。しかし本当は、新しいものが自分の中に入ってきたら、それを知識として覚えるのではなく、腹に落とさなければいけないのです。腹に落ちると、それは腹から自ずと湧き出てくるようになります。そしてそれが、自らの新しい考えになるのです。腹に落ちるとは、そういうことです。

そこで僕は、彼に提案をしました。
あなたは知識を聞いて学ぼうと思い、情報を得ています。情報を、知識として得ている状態の人は、それが腹には入っていきませんから、どれだけ情報を得たとしても、その先も自分自身が変化することはありません。そこで、あなたはいつも後ろの方に座っていますが、これからは前に座り、発言をするようにしてください ────
そうすることで、ジョイさんが変化していくことを提案したのです。

他にも、自分の中に在るものを出さない人がいますね。しかし、その中の一人が前に来て、出すようになると、ここ全体の空気が少し変わります。物事が動きだします。そして、「変わる」ということは、宇宙の法則なのです。
ジョイさんには、昨日そういう話をする機会がありました。そしてここ全体の空気を変えるためにも、あなたは前に来てくださいという提案をしました。それはジョイさんのためであり、全体の空気を変えるという、全体のためでもあります。そして、それによって何か新しい空気がそこに発生するだろう、という予測をしていました。

これまで、いろんな学びをお話ししてきましたが、常に語っていることは同じです。私たちの生きる宇宙は、調和し、循環しています。調和し、循環しているということは、一つひとつのものが役割を果たすことによって、全体が回っているということです。その連鎖によって全体が運営され、また、全体が循環することによって、ひとつのものが生かされるのです。
ですから、この世界で大切なことは、「利他」ということです。他者のために自分がいる。それを利他と言います。それが、自分がこの世界で命をいただくことの原則です。

しかし今、この世界にはそれが欠けているから、皆さんにこの話をしています。何が言いたいかおわかりでしょう。自分のことを最優先する人は、人が変わりません。自分を犠牲にしてでも他者のために生きるからこそ、その人の人生は美しくなるのです。
自分を犠牲にするなんて、かわいそうなことのように思えるでしょうか。しかし、自分を犠牲にすると言うことは、自分を手放すということです。そうすると、天がその人を活かしてくれます。これが尊い生き方です。

そんなことはこれまでも、宗教や道徳など、いろいろな場所で語られてきました。小学生でも学んでいます。しかしそれは、学習という、知識としての学びなのです。ですから世の中に、そういったことを本当に理解している人はほとんどいません。それは、頭を回転させる学びだからです。自分のことを優先し、損得を計算するための学びになっているのです。
しかし本来学びとは、腹に落とす必要があります。腹に落ちれば、人は皆、良心というものを持っています。良心は、自らの価値を高めるためにあるものです。腹に落ちれば、良心を元にして、自らの考えや行動が湧いてきます。
自分の考えを正しいとして歩み、知識を得て得をしようとすれば、それは愚かな人間を創り、愚かな社会を創ります。皆さんがこの1ヶ月間を通して、最終的に何を持って帰るかは、それぞれの自由です。しかしその結果は、その先の皆さんの人生に反映されていきます。これは、伝える僕の話ではなく、皆さん自身の価値の話なのです。

ちょうど今日、真学校の前半が終わります。いい区切りの時だと思います。何でもそうですが、私たちはこの世界に生かされているのですから、どんな時にも「頂きます」という精神で生きていくことが、正しいことを身に付け、価値あるものとして生きていくことになるのです。

この学びを、本物にして帰ってください。

 

 


「知識として学習しても 人間性は変わらない」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です