141023-122206

5日目「天然循環法 – 農」概論

1ヶ月間の真学校では、農や食、その他のあらゆる場面において新しい生き方の指針となる「天然循環法」の世界観を学びます。
では、天然循環法とは一体どのようなものなのでしょう。以下に、講座で使用したスライドとともに概論をお届けします!

――

いさどん:
私たちは、木の花ファミリー設立当初は有機農法をやっていました。これは今、一般的に普及している農法ですね。
有機農法は、人間が自然から作物を「取ってやろう」というものです。有機農法をやっている人々は、確かに環境に配慮をして、農業資材もそれなりのものを使っていますが、その暮らしはお金を稼いで生活することが目的になっています。ですから、その人たちと一緒に過ごしてみると、生活のサイクルがお金で回っていることがわかります。
確かに木の花ファミリーも社会の中にありますし、社会の血液であるお金の流通の中に生きていますが、ここにはお金に縛られて生活している人はいません。ここでは労働するのはやることがあるからです。しかし一般的には、労働とはお金を稼ぐため、生活をするためにやることになっています。農業で言うと、農産物を生産し、それを買ってもらってお金にし、生活することが目的になっています。それで本当に自然と純粋に付き合えるかと言うと、それはなかなか難しいのです。

私たちはカタカムナに出会い、天然循環法という世界に踏み出しました。「天然循環法」という名前は、木の花で付けたものです。これが始まった時に、やっと行き着くべきところに来たのだということを感じました。それは、そこに関わる人々の精神性から醸し出す響きまでを生活に表現する場所です。

僕は40歳の時に仕事を辞めて、いずれ農的暮らしをしようということで農業の勉強を始めました。その時に始めたのは、慣行農法でした。
その頃、僕の畑にはいろんな人がやって来ました。僕のいない時にも来ました。そこで農薬を使ったら、農薬の残留期間があるので○○日までは食べられませんよ、ということを知らせる立札を立てておかなければいけませんでした。それから、害虫は土と植物のバランスが崩れた時に発生するものですが、それを無理やり抑えるために土の中に薬をまくのです。誰に聞いても薬をまく以外の方法がないという結論に行きついた時に、僕は畑にバーナーを持って行って、土を掘り起こしては焼くということをしました。それは大変な労力でした。そこへ生ごみを入れたらいいだろうと無知な発想でやってみたら、それはもう、蛾の幼虫を養殖しているような畑になってしまいました(笑)。後に土壌の状態と作物の関係がわかって来た時に、僕のやったことは作物ではなく害虫を作っていたのだということが証明されました。(みんな:笑)
それで、とびっきり良い野菜を作ろうと思いました。そうしたら微生物に出会いました。それは現在、「木の花菌」のベースになっているものです。私たちの生活には、農業だけではなくあらゆる場所で、微生物が様々な形で利用されています。私たちの生活は微生物と共存しているのです。

13000年前の日本に存在していた宇宙物理文明・カタカムナの世界観から、この世界の仕組みを観てみましょう。
この世界は、目に見える世界と見えない世界を合わせた「現象界(ある世界)」と、それらすべての源となる「潜象界(ない世界)」から成っています。微生物は自然界の一番奥に存在します。そこは潜象界の入り口です。微生物は、潜象界から湧き出してくる生命の一番始めの姿なのです。

図1
 図1

僕は微生物の存在に出会った時に、それを神様からの贈り物だと受け取りました。それはとても神聖なもので、人間の心が汚れていると影響されるような、繊細なものだと捉えていました。そして、有機農法に出会いました。

慣行農法は、確かにこの現象界の自然の中にありますが、そこでの営みは自然のバランスを考えずに、むしろ自然を壊しながら生産をする現場になっています。そこで作られたものは、場合によっては毒素を含んでいます。戦争で、サリンやマスタードガスなどの化学兵器が使われることがありますね。そういったものと化学式がほんの少し違うだけの農薬が、慣行農法では使われてきました。ですからそれを知っている農家は、自分が作ったものを自分では食べません。けれどもお金にするために人には売ります。すごい世界でしょう。しかしそれが私たちの食料を生産する主力となる場の現状だったのです。
そこで有機農法は、人の健康や環境に配慮するために、素性の良い素材を使おうということで始まりました。ですから有機農法にはたくさんの基準があります。それは世界基準になっており、その基準を守っている人は特別な表示で売ってもいいということになっています。そして流通にしても有機JASの認証にしても、どうしてもそこにお金が絡んでくるのです。ですから有機農家はいいことをやっているようなつもりでも、その波動は美しいものではないですね。

こうちゃん:
IMG_9772-768x512そう、ひどい世界です。僕は元有機農家だけど(みんな:笑)有機農家が増えていくと消費者の奪い合いになるから、有機農家は同業が増えないことを望んでいたりします。
口では環境を良くしたいと言ったり、お金があまりないから皆で協力し合って農業機械を貸し合ったり消費者を広げる活動をしたりしてるけど、本心では有機農家が増えてもらっちゃ困る、と思ってる。すごい世界ですよ。要は、自分の損得が思考のベースになってるんです。

いさどん:
これはもしかすると日本だけのことかもしれませんが、なかなか有機農家は増えないですね。いずれにしても、その世界はお金やルールの縛りの中にあるのです。
その後、私たちは自然農法に出会いました。自然を観察し、科学して、いかに圃場に自然を表現するか。これは、今の私たちの農のベースになりました。
自然農法は本来、その発生元からして精神性をベースとして生み出された農法のはずでした。ところが、それを広めているのは、実践の現場とはほど遠いアカデミックな研究者たちでした。その実践の現場とかけ離れた研究者の人々の中に、精神性の重要性を探求する姿勢は見受けられません。本来そういった真理を探究する現場では、一貫して揺るがない何かがあるものです。特に現代社会のようにものごとの本質を失ってしまった場では、その揺るぎない精神性を示すことが社会の健全さに貢献するための筋となるのです。しかしながら、そのような確固たる方針を見失った人々は、一般社会にうけることを目的とし、どれだけうけたかによって自分たちの正当性を裏付けようとするのです。
そして実際に自然農法を探求しているという人々と付き合ってみると、科学的探求に偏っている人が多く、中には個人的に人格の疑わしい人も見かけました。そういった本来の柱であるべき精神性が失われた現場では、そのもっとも重要なことが問われないのです。
一般社会にうけようとしたら、目に見える世界の奥にある存在や、そこに携わる人の精神性がいかに大切であるかということを語ることはできません。けれども、多くの自然農法研究者たちは、一般社会にうけることを目的とし、いかにそれを広めるかということに重きを置いていたのです。

そこで私たちは考えました。やはり、濁りのない心でさわやかに「これだ!」と思えるものを実践していこう。それは人や世の中の顔色を見ることではありません。ましてやお金ではありません。
私たちが生活していく中で、毎日「これだ!」と思い、確信の持てる生き方をしよう。そしてその流れができると、自分で意図しなくても、不足しているものが自然と補われるようになっていくのです。それが天然循環法の世界で表現される、「天と共に生きる」ということです。
ですから皆さん、見てください。慣行農法、有機農法、自然農法、天然循環法と4つ並べてみると、ひとつだけに違いがあるでしょう(図1参照)。そうです!天然循環法は「農法」ではないのです。
私たちは、これを「農法」と呼ぶことをやめました。つまり、これはライフスタイルなのです。すべてのものに通じる生き方のことです。

では、「農」という字を見てみましょう。

図2
 図2

「農」という字を二つに分けると、上の部分は「曲げる」という字になります。そして下の部分は「辰」という字です。これは北極星や、生命力の元となる命の力を表しています。この命の力を曲げてしまったことを示すものが、「農」という字です。
農的暮らしとか農業というと、良いものだというイメージがあるでしょう。ところが現在の農は、自然が与えてくれた生命そのものではなく、人間の都合で曲げられたものになっています。本来、潜象界から出てきたばかりの最も美しい生命力が「天然」の状態です。しかし、もっと生産性を上げたいとか、もっと味のいいものが欲しいというような人々の欲の心から、その生命力を曲げてしまったのです。ですから農のことをYesではなくNoと言います。(チーン♪)

カタカムナの世界観で観る、現象界と潜象界の仕組みをもう少し説明しましょう。
明日から「人格を学ぶ講座」が始まります。そこでも学びますが、私たちは日ごろ、現象界の「見える世界」と「見えない世界」の、「見える世界」を主に認識しています。化学・物理の世界では、現象で証明しなければ正しいとは認められません。けれども実際は、この世界には目に見える現象の奥や、そのさらに奥にも物理性があります。そのことを、皆さん理解できますか?
(まだよくわからない、という顔をしている受講生たちを見て)まだマインドコントロールが進んでいませんね。(みんな:笑)ここはね、しっかりマインドコントロールが進まないといけません。このことが理解できる位置に立つと、皆さんの世界観や思考回路がどんどん広がっていくからです。
自分の殻の中にいると、何を大切に守っているのか、頑なになって広がっていくことはできません。それは自分にとって損なことです。僕の話を聞いても聞かなくてもいいですが、皆さんが自らをオープンにしなければ、成長することはできません。それは皆さんにとって損なことですから、なるべく積極的に自らの殻を破って、広げた方がいいですね。1ヶ月の講座が終わって振り返って「広げすぎたな」と思ったらその時に縮めればいいんですから。(みんな:笑)たぶんその時には手遅れになってると思いますけどね。(みんな:爆笑)

IMG_0455

現代の「見える世界」は、人間の思惑によって本来の生命力が曲げられた、人工の歪みが支配している世界です。私たちは常に自らの魂を、その精神性のもとに現象界で表現しています。その人工の世界の中だけに自らの意識があると客観的視点を持つことが難しく、何か出来事が起きるたびにただ条件反射をしているだけの状態になります。
そこでは、人々は対処療法的に浅く物事を捉え、ものごとの本質を観ることをせずに右往左往し、自らの姿勢を正す学びを得ることはできません。その精神レベルで痛みを感じれば、それは人や社会のせいになり、人々は常に被害者の立場にいることになります。そして自らが歪んでいることに気付かないまま、その歪みの中でぐるぐると回り続けるのです。
この人工の「見える世界」の中だけで行われているのが慣行農法です。そういった中で作られる作物が私たちの食べ物として供給された時に、私たちの中で私たちの生命にどのような影響をもたらすか、想像できますか。

有機農法は、人工だけの世界(見える世界)から少し自然(見えない世界)へ入り込んでいます(図1参照)。今でこそ有機農法と言いますが、ちょっと昔に化学肥料や農薬が使われるようになるまではこれが当たり前でした。昔の人たちはそれを当たり前にやっていて、「足るを知る」という精神で生きていました。しかし今では、この目に見えない思いの世界も歪んでいます。
今、自然界では、私たちが知らない間にたくさんの生命が淘汰されています。信じられないかもしれませんが、僕にも10代のころがありました。(みんな:え~~!!笑)学校帰りに近くの小川に行って魚を捕ったり、虫やいろんな動物を捕まえたり、通学路にある柿の木の実をとって食べたり、とてもおおらかでしたね。大雨が降ると道が川のようになって、そこをウナギが泳いでいったこともありました(笑)。
僕の生きていた時代に、そういった時があったのです。それはとても豊かな世界でした。けれどもその自然は、消えてしまいました。潜象界へ還ってしまったのです。今でもまったく無くなったわけではないですから、それを残していかなければ、とは思います。
そのために必要なのは、環境を保護する心ではありません。保護しようというのは、奢った心です。必要なのは、今のその自然の状態と共鳴する心の姿勢です。それを人間が持てば、もともと人間が自然を今の状態に追いやったのですから、人間次第でまた元に戻る可能性はあるのです。そう僕は信じています。

天然循環法という「農」を入れないライフスタイルは、潜象界の、まだ何も汚れていない、濁りやゆがみのない美しいものを引き出すということです。人の心が美しくなれば、自然の元となる美しい響きを人は引き出し、かつてあった美しい世界を再現することも可能なのです。僕は今、この話をしながら、そのことの大切さを改めて再認識しています。
このスライド(図2)を読んでください。
「『農』とは、現象界(自然界)の中にあるべき『天の法則』や『生命力』を人間の歪んだ想いによって曲げたもの、ということになる。だから、農は本来の自然の姿ではないことになる。」

なぜこのようなことを語るのか、理解していただけるでしょうか。
こんなにも大切なことが隠されているのに、誰も知らないのです。

次のスライドを見てみましょう。

図3
 図3

人間が生きるということは、他のものを犠牲にして、人間に都合のいい世界を広げていくということではありません。ここに「人間が生きるということは生命循環の中で役割を果たすこと」と「この世界の仕組みを理解できない者たちは願望を叶えようとしている」とありますね。今の世の中は、この二つのせめぎあいです。しかし前者の意識を持っている人はほとんどいません。ほとんどの人間は後者であり、その人々は大きな錯覚をしています。そしてそれは、すべての解釈の逆転現象を生んでいます。農の世界でも、この世界の解釈の逆転現象が起こっているのです。

艮の金神様の言葉に「この世はすべて逆さまじゃ」とありますが、ものごとの捉え方が浅いと、その逆さまの世界がまともに見えてしまうのです。そしてその浅い解釈をマスコミも世の中も持ち上げるので、それが絶対であるかのように思われています。それは人々の意識がそこにあるということですから仕方のないことですが、それを進めれば進めるほど、世の中の目覚めは遅くなります。
もしも皆さんが、自らの欲望を満たし、願望を叶えることに目的を置き、ただ世の中の顔色をうかがって生きていくだけなら、このような真理に出会うことは不幸ですね。しかし、時代の扉は既に開いています。皆さんの中に最先端を生きようという気持ちがあるならば、この目に見える世界の奥にある世界に、目を向けなければいけません。それは、これから訪れようとする時代では、当たり前の話なのです。

151121-144850

人間の命は天の法則より与えられています。我々はその法則を理解し、天の意志にかなうように生きるのが本来の命あるものの目的です。そして心を整えると、この世界の仕組みを直観で感受し、的を射た判断が下せるようになります。
ですから、心が整っていないとまったく見当違いなものの方が正しく、大切に思えます。政治の世界でも、農業の世界でも、食べ物の世界でも、これがいいともてはやされているものが、実は自然や宇宙の本質から外れているということが、特に今の時代はたくさんあるのです。最近の良い事例として、清原さんの覚せい剤使用があります。彼は、現代社会の人々の羨望の的となる成功者としてまつり上げられ、その浅い評価と本人の人間性とのギャップから転落することとなった、ある意味社会の犠牲者でもあると言えます。

皆さんはこれから、そういった本質を見抜ける力を、真学校の学びを通して身に付けます。天然循環の考え方で生きるということは、人を育てます。作物は天が与えてくれるものです。人間は、そこに出会うことによって育てられるのです。
ですから、自分が育てようなどと思うことではありません。一生懸命に自らの心をきれいにして、この世界を汚さないように、この世界に失礼にならないような姿勢で向かうということです。

みかこ:
カタカムナを学び始めて、農には生命力を曲げるという意味があることを知った時にはびっくりしました。

こうちゃん:
だけど僕たちは、木の花ファミリーを始めた当初から「畑を耕す前に心を耕せ」と言っていました。もともとそういった発想があり、カタカムナに出会って改めてその意味を確認できたという感覚です。

いさどん:
木の花ファミリーの生活は、農を目的として始まったわけではありません。しかし結果的に農的生活をすることになったのは、自然というこの世界でもっとも美しいものと共に生きるということと、その美しいものが汚れているのでそれを守るという意味があったのです。微生物を使い出したのも、水をきれいにするためでもあったのです。
ですから、これは社会運動ですね。当初は自分たちで育てた作物を売るという発想がなかったので、近所の人たちにタダであげていました。そうしたらそのうちに受け取ってもらえなくなりました。なぜかと言うと、人は面白いもので、他者と自分の区別があるがために、もらい続けるとだんだん申し訳ない気持ちになっていくのです。それでもあげますと言っていたら、では売ってくださいと言われました。それで販売が始まったのです。
簡単に言うと、僕たちは始めから変な人たちだったということですね(笑)。

みかこ:
現代の農業は、実は畜産と共に環境汚染の一番の原因です。農薬や化学肥料の使用による土壌や水系の汚染、農業用水の汲み上げによる地下水の枯渇などが世界各地で問題になっています。

いさどん:
そんな中で、私たちはどうしたらいいのでしょう。

5
 図4

「農」という字に、さらに「業(ごう)」を付けたのが農業です。「業」とはカルマを表しますから、「農」だけでも生命力を曲げているのに、そこにさらにカルマまで付いた状態が農業なのです。その業に汚染された結果として、遺伝子組み換え食品や種の操作、農薬、化学肥料、除草剤など様々なものがありますね。人間の歪んだ心が作り上げた世界です。先ほどの農の分類のスライド(図1)で見たように、人工の世界でカルマにまみれている状態ですね。現代の農業の現場では、本当にそういった世界が表現されています。
そして、そこから生み出されたものが食べ物として世の中に浸透していくと、その響きによって人々の体が作られ、日常の中にその響きが矛盾として広がっていくのです。

スライドに、「農業から百姓へ」とありますね。これは、文字にとても意味があります。
百姓とは、本来の生命力を曲げない生活のあり方です。「百」には単なる数字の100ではなく、無限という意味があります。そして「姓」という文字には「女」が入っており、これは陰、つまり、形に現れていない、奥にある大切なものを意味します。私たちの体で言うと、陰とは心のことですね。現象界と潜象界で言えば、潜象界のことです。
もともと自然の奥に潜んでいる本質から大事なものを受け取り、生きる糧とするのが百姓です。それは作物を通して天の仕組みを学ぶ生き方です。自然と対話をしたり、人間が自然と一体となって生きる生き方です。
百姓についてさらに深めましょう。

図5
 図5

天の命(意志)を受け生きる(天命)ということは、常に直観が働いて生きているということです。
そして植物と対話するということは、自然と対話するということですね。自然と対話できると、自然を壊したりはしません。そういったことを理解しない人間は、自然は人間に従属するものであるかのように思っているから、平気で自然を壊すのです。
私たちの命は循環のもとに、自然と命を交換をしています。つまり、私たちが自然に与えたものはまた我々に返ってくるということです。だからこそ美しいものを提供し、美しいものをいただいていく。そういった美しい循環の中に、私たちは生きられるのです。
「命」という字は、祝詞をあげて天の命を受ける人間の姿勢を表しています。

 図6
 図6

昔、社会がシャーマニズムで動いていた時代には、人々は精霊に問いかけて生きていました。イヌイットの人々は、自分たちがアザラシを捕まえるのにどれだけの数を捕っていいかということを、天にお伺いを立てて神託を受け、捕り過ぎることのないようにしていました。今は、現代人の考え方に汚染されてしまいましたけれどね。

木の花ファミリーは、有機農法の後に自然農法を始めました。それが今、天然循環法へと変化しています。

 図7
 図7

本来食べ物とは、食べることで健康になっていくものです。そういう食べ物があることを知っていますか?
スライドに、「天意に沿い、いただく精神が大切」とありますね。現代の農は、自然を科学し、よりたくさんとれるようにとか、世の中にたくさん広めようとか、人々から支持されようという心がベースになっています。それはなぜかと言うと、今の自然世界を人間が支配していると錯覚しているからです。自然が自分たちの手の中にあると思っているのです。
それに対して天然循環法という生き方は、生まれたての元の響き=無垢な気=元の気(元気)に戻すことによって、美しく、濁りや汚れのない、生命力あふれる世界が生まれます。大切なのは、それを手掛ける人がその仕組みを理解し、体得しているということです。逆に言うと、理解し体得していなければ、その優れた理論も現実のものとはなりません。すべては自分次第であり、だから心磨きが必要なのです。
天然循環法を理解すると、人々は宇宙の法則や自然の仕組みの中で自らが生かされているという、とても謙虚な姿勢になります。そこに向かうには、心磨きがもっとも大切なものとなります。

図8
 図8

天然とは天の然るべき状態であり、それが降りてきて自然となります。自然とは、自我が然るべき状態になったものです。
潜象界はまだ現象化していない世界ですから、元の響きがあるだけです。そしてそこから湧き出してきていろいろな生命になったものが自然です。草や木や動物やバクテリアまで、自然には様々なものがあるでしょう。自然の「自(し)」は、自分になると「自(じ)」というように濁点が付きますね。それは個であり、多様性の表現の働きです。それがネットワークすることによって現象界(ある世界)ができます(図1参照)。
自然のネットワークは、様々な個性がつながり合った、多様性のある美しいネットワークです。ですから、皆さんも自然を見て「美しいね」と言いますね。しかし自然の「自(し)」が人間の世界で「自(じ)」になると、自我となって、この世界の不調和の原因となり、問題ごとが発生します。
人工の世界は、その自我を持つ人間によって歪められた世界です。人工の構造物の美しさというのもありますが、あれは本来の循環システムに則ったものではありません。美しくても、自然の循環の中にはなく、いずれは人工的に壊して作り直さなければいけないものです。

この世界の本質は、天然の状態から命が発生して自然となり、それが個性となって、美しい生命ネットワークとなって表現されていきます。そしてその一つひとつに寿命があります。それぞれのサイクルがあるのです。そして寿命が尽きて役割が終わると、元の世界(潜象界)へ還っていきます。
自然界で生きているものは、天然から閃きや直観の働きかけをもらいながら生きています。スライド(図8)の右側に、慣行農法と自然農法と天然循環法が、それぞれこの世界のどこまでの循環の中にあるのかが描かれています。天然までに到達する天然循環法では、心磨きが必要なのです。

自然にはもともと差があり、歪みがあります。その歪みや差によって生まれるダイナミックなネットワークが自然の美しさです。それを人間の自我によって歪め、汚染したのが人工の世界です。自然界には潜象界から貫かれた天の理である秩序がありますが、人工の世界ではエゴが蔓延しているため、天の理が通らず、無秩序となります。
今、世界中に国という組織があり、それがさらに連携して国連という組織になって世界が動いていますが、その組織自体が自然をどんどん歪めて破壊する元凶ともなっています。ですから地球規模で観ると、人間のやっていることは無秩序なのです。天然循環法とは、この人工の歪みを解いて宇宙の元の響きへと組み直し、天の然るべき状態へと還すことなのです。

こういった話をしていくと、かつて僕の父親が僕に言ったことを思い出します。「世の中にはたくさん人がいるのに、おまえだけがそんなことを言ってもどうにもならない」と。父親だけではありません。多くの人が「そんな理想論を言っても無理だろう」と思っています。
けれども、そこで考えてもらいたいのです。現実には多くの抵抗があり、なかなか変化は起きないように思われます。しかし、あなた一人分でも、心に濁りのない状態で生きることを心掛け、旅立っていくことがとても重要なのです。
そこでこそ自我で、「自らの納得する人生を生きたい」という強い信念を持ち、人生を探求しなければいけません。そこで自我を通すということは、自らのためを優先するのではなく、天から地への道理を通し、世の中に一本の真理の筋を通すことなのですから、それこそエゴ的な自我を超えて、本当の意味での自らの価値を高める優先するべき自我の表現のしどころなのです。
そして時が来れば、必ず同じ意志を持った人々が現れてネットワークしていきます。今、時代の扉が開いて、いよいよそれが地上に顕れ出しています。その証としてこの「1ヶ月間の真学校」があるのがわかりますか、皆さん!(みんな:わかる~~!!)

それでは、元の響きを復活させるにはどうしたらよいのでしょう。

9

まずは日々の心磨き。いつも天を意識して生きていくということですが、人はだいたい自分の都合ばかりを考えて生きています。そうすると、常に天から命(めい)が降りてきていても、それに気付くことはできません。それを直観で受け取る受け皿がないのです。先ほど「命」という字を見ましたね。常に天に心を向け、その命を受ける姿勢で生きていくのが本来の生命の姿なのです。
そして、カタカムナの奏上。これについては、真学校の中で深める時間を持ちます。
イヤシロチ化とは、畑をパワースポットや神社のように特別なパワーを持つ場にしていくということです。そして人間の意識が上がると波動量が上がり、その高い波動をこの世界にもたらすことができる者になるのです。
日々の心磨きをしていない人がいい作物を育てたいと言っても、育ちません。ですから、ひとえに心磨きをしましょう。心磨きは一律のものではないのですよ。それぞれが自分の心に合わせて相応しくやっていくのですから、まずは自分の心を知らなければいけません。明日から始まる「人格を学ぶ講座」で、皆さん一人ひとりが自らを知る学びをしていきます。

心の状態が安定し、自らに囚われず、天地と一体の精神を有する者になると、ものの状態を一瞬でつかみ取る直観力を持ち、天の法則に則った響きを響かせることができるようになります。するとその場はイヤシロチとなり、すべてが好循環する天然の状態となっていきます。そこで表現される生活が、天然循環法なのです。

 

 


「5日目「天然循環法 – 農」概論」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です