IMG_9720

4日目「カタカムナ」

「全ては一つ」

今回から木の花ファミリー独自にリニューアルされたカタカムナの講座は、真にそのことを宇宙的な広い視点と日々の日常に根付いたミクロ的な視点の全てにおいて証明するような素晴らしい内容となっていました。

その場にいないと表現できないような凄まじいエネルギーに満ち溢れたものになり、僕自身は、この日の夜は脳がギューーーっとして脳が筋肉痛になっている感じで、今まであまり使っていなかった脳を働き刺激されるような、過去に味わったことがない空間にだったことを改めて実感しました。

「カタカムナ」とは、1万2千年前に日本で極められた叡智の結集です。

スクリーンショット 2016-03-16 10.43.08

スクリーンショット 2016-03-16 10.43.22

カタカムナは宇宙物理学であり、宇宙の創造・発展・消滅についても深い洞察を有しており、現代の最先端の物理学もその域にまだ達してはいません。

そして、時代の大きなターニングポイントを迎えている現代にカタカムナが再び復活したことの意味は、私たちの想像をはるかに超越するものです。

スクリーンショット 2016-03-16 10.43.39

木の花ファミリーでのカタカムナは単なる知識的なものではなく、「カタカムナを生きる」という日々日常の生活にその精神を反映することを最も大事なこととして伝えられています。

受講生達も頭で理解しようというよりも、何か感覚的に、その場の空気や波動や想いを受け取っているように見えました。

「宇宙の叡智」なんて言うと、随分難しいし到底理解は困難なのではないか?とか、そんな怪しいもの興味がないよ、なんて方もいるかもしれませんが、それは実は私たちが毎日生きているこの当たり前の毎日の中に当たり前にあることでもあります。

「ただ、その人らしく生き生きと、この世界の調和と共に生きる」

こんな簡単な言葉でも、「カタカムナを生きる」という意味と近いのではないでしょうか。

スクリーンショット 2016-03-16 11.37.49

スクリーンショット 2016-03-16 16.15.41

この世界で起こるあらゆる出来事、それは宇宙の仕組みでも、人間社会で起こる戦争でも、個人の生活の中の病でも、すべてのことに意味があり、その奥に人類・生命そしてそれぞれの人々の本来の役割が秘められています。

その役割に目覚め、この世界のために生きることが「カタカムナを生きる」ことです。

このカタカムナの講座は、真学校すべての講座の「軸」となるもので、更に私たちが生きていく上でも常に必要となるとても大事なことを教えてくれる、とてもとても深いものでした。

このブログで表現しきれるものではないし、講座を受けたからと言ってマスターできるものでもありません。

広い世界観を持ちながら、心を磨き日々の日常を丁寧に生きることが、カタカムナをより理解でき、生きることにもつながります。

ということで、是非みなさんも来年の真学校を受講して、共にこの新しい宇宙時代を生きていきましょう♪

IMG_9674 IMG_9687 IMG_9756

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です